感想/『キング・オブ・エジプト』、映画というよりアトラクションだった

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

映画『キング・オブ・エジプト』
8月は『シンゴジラ』と『君の名は』。思わず人に話したくなる名作映画を2本見ました。感動した映画の感想というのは、なかなか筆が進まず、ブログには書けないものです。逆にガッカリした映画の方が書きやすいもの。なわけで、昨日見た『キング・オブ・エジプト』の感想を。

エジプト『オシリスとイシスの伝説』をもとにしたスペクタクルなSF巨編。『オシリスとイシスの伝説』については、Wikipediaをご覧になってください。

エジプト神話をベースにしてはいるものの、ハリウッドが制作すると、どうして「勧善懲悪」「愛と欲望」というワンパターンな展開になってしまうのでしょう。以下、ネタバレですが、もう見る前からだいたい予想通りの展開なので、よいでしょう。

  1. 高潔な父親と未熟な息子。
  2. 残薬な悪のマスター。
  3. 父親が悪のマスターに殺害せれて、復習を誓う。
  4. 仲間のサブキャラは、コミカルな男性とセクシーな女性。
  5. 息子は挫折しながらも、仲間と力を合わせて悪のマスターを倒す。
  6. ゴージャスなハッピーエンド。

次の展開がほとんど読めるストーリーでありました。その点はガッカリというよりガックリ。

ただ、コンピュータグラフィックスを駆使した、ウルトラゴージャスな映像はすごかった。3Dを生かしきれない3D作品多数ですが、この映画は3Dメガネをかけて見た方がよいです。大迫力です。そういう点では映画作品というよりも、テーマパークのアトラクションとしては秀逸だと思いました。

あと、女性が胸を強調しすぎ。胸が好きな人は眼福だと思います。ヒンヌー好きの私には何だかゲンナリですが。

5つ星評価だと、ストーリーは星1つだけど、3Dの迫力ある映像が素晴らしかったので、星2つ。

映画『キング・オブ・エジプト』公式サイト

スポンサーリンク