練習日誌- 明日はレッスン、なんとか間に合った

シェアする

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

フランソワ・クープラン/クラヴサン曲集 第12組曲より「双生児」使用楽譜
ベートーヴェン/ピアノソナタ 第10番 ト長調 op.14-2 第1楽章使用楽譜

明日夜、レッスン。2週間はあっという間だった。

フランソワ・クープラン「双生児」は、まぁまぁ、通せて弾けるようになった。装飾音がバチッと決まらない。これはかつて弾いた「葦」やラモーの「ため息」でお同じ経験。アップライトピアノのアクションの構造が、そもそもフレンチバロックの装飾音に向いていないのかも。グランドピアノで弾くと、なんなく弾けたりする。

ベートーヴェンのピアノソナタは、とりあえず明日のレッスンでは、一週間後のピティナステップに向けて、第1楽章を見ていただく。

しかし、レッスンは2週間に一度程度入れた方が、追い込まれて練習の質を意識するようになるような気がした。