大人の中級者の暗譜飛び、その原因と対策(解説動画)

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ピアノ仲間の中村香織さんが、面白く有意義な解説動画を公開されていたので紹介します。テーマは「アマチュアピアノ愛好家中級者にありがちな暗譜飛びの原因と、その対策としての練習の仕方の1案」。

ステージ上での暗譜飛び。

「暗譜で弾いていて、途中で音が分からなくなって、鍵盤の上を何の音だっけ、何の音だっけってまさぐってしまって、次の音が出てこないまま、復帰もできず‥‥」ってことはありませんか?

私、何度もあります。最近では対策を練ってのぞむので「崩壊」ということはなくなりましたが、ピアノを再開した当時は「大崩落」したことがありました。下は2009年のエピソード。

それでは、先日の悲惨なステップの報告であります。 今回の会場は、さいたま市産業文化センター。埼京線の与野本町駅から歩いて5分の地にある...
昨夜遅くに家に帰ると、ステップの結果が宅急便で届いてた。 結果は不合格。ま、課題曲を最後まで弾き通せなかったのだから仕方ない。ピティナ...
コンクール本番で暗譜落ちし、復帰できずに、制限時間が残っているのに途中で舞台袖に去る人も何度か見かけました。ご本人も悲しい気持ちになるけれど、客席で聴いている人もいたたまれない気持ちになります。

私の場合は、とにかく和声の進行と響きを体の中で(お腹あたりに)覚えこませることで、音は外しても響きは間違わないようにしてます。これにより「大崩落」の事態だけは避けられるようになりました(ただしバッハを除く)。それでも、角を一つ間違えて曲がってしまいそうになることは、しょっちゅうあります。

中村香織さんは、「漫然とした通しの練習をしないこと」「(無音で)止まる練習をすること」を勧めています。この方法は、私、やったことがありませんでした。危ない箇所の崩壊予防になりそう。試してみます。

ただ、問題は、練習、リハーサル時、一度も問題がなかったところで、いきなり崩れてしまうこと。ここの対策は今度尋ねてみよう。

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    苦手な暗譜について中村香織さんの動画を紹介して下さり有難うございました。前から暗譜は聴音力が大事だと感じてはいましたが子供の頃から聴音ソルフェージュを学んで来なかった私にとりとても参考になりました。 以前 あるピアノの先生(音大講師 ステップアドバイザー)が僕は楽譜をよく読む、よく見て覚える(忙しいので)。という話しをされていましたが、その先生は頭の音と楽譜と鍵盤が合っている方なんだと思いました。

  2. けもネコ より:

    はじめまして
    ブログ村で上位の記事にコメントするのはちょっと気がひけるのですが、読み逃げ
    しないためにコメントさせていただきますm(_ _)m
    初心者ですけど弾き合い会に頻繁に参加し始めたので、参考になりました。

    ソルフュージュやろうかな…

  3. 鍵盤うさぎ 鍵盤うさぎ より:

    >匿名さま、けもネコさま

    コメント、ありがとうございます。「暗譜落ち」の恐怖って、子どものころはあまり感じたことはなかったのですが、年齢を重ねるほどに怖さが増幅されてます。聴音の練習もやるべきなんでしょうが、仕事がある大人はなかなか時間を取るのが難しいですよね。今後とも、よろしくお願いします。