音大生への就職アドバイス【7】ハングリーで、おバカでいよう

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

前の記事から、ちょっと時間が空きました。何か、気の効いたこと書かないとね。

経営者にとって、2月は来期の計画を立てる時期。3月は計画を確定させる時期。明日は、ちょっと大きなプレゼンがあります。簡単にいうと、大きな投資を株主にお願いするプレゼンテーションです。昨日は朝9時30分に出社してから夜11時30分の終電前まで、13時間ほど、資料作りのためパワーポイントと格闘していました。

なんていうと、エネルギッシュに働くビジネスマンのように見えますが、心のどこかでバカバカしく思う自分がいて、投げ出したり逃げ出したくなることがしばしばあります。

そんなとき、アップルコンピュータの創始者、スティーブ・ジョブズのこのスピーチを思い出します。2005年、スタンフォード大学の卒業式で行った感動的なスピーチです。

Stay hungry, Stay foolish.~ハングリーでいよう、おバカでいよう~

で結ばれるこのスピーチは、三部に分かれています。

  • 点をつなぐこと
  • 愛と敗北
  • 私は、新卒で入社したスタッフ全員に必ずこのビデオを見るよう、勧めています。ちょっと長いですが、ぜひ最後までご覧ください。

    音大生への就職アドバイス(全10回)

    【1】言葉で表現すること
    【2】ピアノ専攻は体育会系である
    【3】会社をアナリーゼしよう
    【4】経営者視点で見たピアニストと指導者の違いとは
    【5】ウサギの視線、カメの視線
    【6】「苦手」は克服しなくてもよい
    【7】ハングリーで、おバカでいよう
    【8】プロとアマチュアに境界線はない?
    【9】努力は夢中に勝てないんです
    【10】No.1になりポジションを可視化する

    スポンサーリンク