シンフォニアの岩盤

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ピアノのテクニック
 指をほぐす練習その2 第17番・第18番
スケールとアルペジオ
 嬰ハ短調
ツェルニー40番
 第8番 ハ長調、第9番 ハ長調
バッハ
 シンフォニア 第8番 ヘ長調

夜0時スタート。

スケール練習は、レガートの両手・右手・左手、スタッカートの両手・右手・左手、符点変奏の両手・右手・左手を毎日練習している。でも、短調の場合は和声スケールと旋律スケール、二つを同じメニューでこなすので結構時間がかかる。毎晩少ない練習時間なので、もっと楽曲に力を入れるべきなのだろうけど。

ツェルニー第9番、遅いテンポで全体をなぜる。技術的には難しくないので、ゆっくりからスピードを徐々に上げるのみ。夜、メトロノームを使えないのが痛い。

ヘ長調のシンフォニア、結構時間がかかっている。30分以上、時間をかけた。ラスト四小節が甘い。今週全体を通せるようになれば、来週仕上げかな。ここで夜一時半、明日に備えて寝る。

スポンサーリンク