麦ねこの避妊手術を終えて

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

麦猫の避妊手術
うちで飼っている二匹の猫、鍵盤ねこと麦ねこはいずれも雌猫。外には出さずに家の中で飼っているので、子猫を生む心配はありません。

ただ、鍵盤ねこは昨年11月、初の「盛り」を迎えて、のたうちまわっていました。

行き場のない鍵盤柄の子猫をもらって、はや一年。現在、体長60センチくらい。ずいぶんと成長したものです。 急きょ「鍵盤ねこ」を飼うことに(2...
猫を飼っている人はみんな「避妊手術していないの?」と言います。避妊手術をするのが当然のことのよう。私、実家を出てから20年以上、猫を飼ったことがないので、そのへんの「常識」に疎いのです。

避妊や去勢というのは、ちょっと抵抗がありました。ただ、いろんなサイトや本を読むうちに、ペットはヒトなしで生きていけないわけで、お互いの「落としどころ」として、避妊手術をすることに。

二匹同時は大変なので、まずは一昨日、麦ねこが一泊二日で動物病院に入院。昨日、包帯を巻いて帰って来ました。理屈では納得したものの、「これでいいのだろうか」とちょっぴり複雑な気分ではあります。

スポンサーリンク