練習日誌、というより1月の「練習月誌」

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

カフェで英検準備すっかりブログに練習日誌を書かなくなってしまいました。一応、ほぼ毎日、45分ほどピアノの練習はしております。昨年の反省から、楽曲が出来上がってからレッスンの予約を入れるのではなく、先にひと月後のレッスン日時を決めて、逆算して仕上げるようにしています。

記録をつけることは何でも上達の早道ではあるのですが、仕事と家事以外の空いた時間、ピアノと英検の勉強と二つを同時に進めているので、どうしてもブログが後回しになるんです。40歳になった頃は深夜1時くらいに練習を終えて、それからブログを更新したりしてましたが、さすがに翌朝しんどくなりました。

英検二級の二次試験が1月21日、三週間後なので、当面、ブログよりも勉強優先。今日も午前中、カフェで学習してました。

さて、今年前半は三曲を目標にしています。

ここ2年ほど、どうもダラダラ、ウダウダとピアノに向かってます。取り組む楽曲も「この曲好き!」という思いつきで選んでました。 中年のピア...
以下、進捗報告。

■ ショパン/練習曲 ヘ長調 op.25-3使用楽譜

三曲の中で、この曲が一番苦戦しています。進捗率15%。テンポをウルトラスローテンポに落として、「AdagioまたはLargoの楽曲」として美しく仕上げることを優先。Adagioで歌えるようになってから、徐々にテンポを上げていくことにしました。道のりは長いです。

■ ベートーヴェン/ピアノソナタ 第10番 ト長調 op.14-2使用楽譜

こちらはショパンの練習曲と違って、第一楽章はレッスンに持っていける状態。進捗率85%。メトロノームを使ってテンポがぶれないようにすること。フォルテッシモの箇所でベートーヴェンらしい芯のある(でも汚くない)響きが出せるよう、打鍵に気をつけています。夏に行われる国際アマチュアピアノコンクールの自由曲候補。

■ J.S.バッハ/平均律クラヴィーア曲集 第2巻 ニ短調 BWM875使用楽譜

前奏曲は進捗率30%。想像したより遅れ気味。二声なので楽勝だと思っていたのですが、指使いがどうも定まらない状態。それに、フランソワ・クープランやラモーのクラヴサン曲に比べると、無骨で今ひとつ思いが込められない。とはいえ、取り掛かった限りは前に進めないと。

と、こんな感じです。