練習日誌- 亡き王女、左右の指のバッティング

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

楽譜「亡き王女のためのパヴァーヌ」
ラヴェル/亡き王女のためのパヴァーヌ使用楽譜

毎日、亡き王女のためのパヴァーヌをタラタラと練習している。

今日は、第一主題の再現部分、右手と左手が指がバッティングする箇所の運指を見直した。結構、バッティングしている音が多い。バッティングする音は、左右どちらかで弾けばいいのだが、最初からどちらかで弾くことを前提に練習すると、声部の流れがわからなくなる。しばらく各声部重視で練習していた。

だけど、そろそろ両手を合わせるために、右手の重複する音を抜いてみた。「弾き方(打鍵の仕方)」だけ考えると、左手が密集和音になるだけだ。まず、密集和音で弾けるようにしてから、声部の流れを再現するようにしてみるか。