練習日誌- 日常モードに帰って仕掛り楽曲に向かう

シェアする

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ショパン/練習曲 変ホ短調 op.10-6使用楽譜
ラヴェル/亡き王女のためのパヴァーヌ使用楽譜

先週土曜は50周年演奏会、ちょうど1週間が経ち、ハレのモードも治ったので放置していた仕掛り楽曲に取り掛かる。

ショパン『エチュード 作品10-6』楽譜ショパンのエチュード 作品10-6、ほぼ暗譜もできている状態。だけど、再度、一声部ずつバラしてラインを確認する。不思議なもので、レパートリーをしばらく放置してから弾くと新鮮な気持ちになるのか、新しい発見がある。特に、中声部微妙な揺れが、放置する前よりも明確に耳に入ってくる気がした。今月末にも師匠のレッスンを予約して、この曲、持っていきたい。

「亡き王女のためのパヴァーヌ」は、取り急ぎ和声分析から。メジャー7とマイナー7の連続が、独特の「都会感のあるハーモニー」を醸し出しているのだと思う。松任谷由実が荒井由美時代の楽曲(アルバム『ひこうき雲』『MISSLIM』『COBALT HOUR』のコード進行に近しいものを感じた。共通性については、時間のあるときに考えてみたい。


和声と楽式のアナリーゼ和声と楽式のアナリーゼ
著者/島岡譲  発行/音楽之友社

和声と形式については、高校の時にこの一冊で独習しました。全110ページ。基礎的なことしか書かれていませんが、この本の中の「課題」をちゃんとこなせば、古典派の楽曲は十分だと思います。事例は、バイエルやソナチネアルバム、ソナタアルバムの中に入っている曲ばかり。和声を学ぶなら、まずはこの一冊から!