生「雪の華」聴きたくて中島美嘉のコンサートへ

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ゼロ年代のJPOPでマイベストバラードを選ぶなら、中島美嘉の「雪の華」または平井堅の「瞳をとじて」でしょうか。今やカラオケのスタンダードナンバーですね。

大好きなJPOPだけど、いずれも生で聴いたことがなかったんです。一度は聴きたかった生歌、ちょうど、渋谷・オーチャードホールで彼女のコンサートがあったので、意を決して出かけました。

6時30分にコンサート開始。「まぁ、『雪の華』を歌うのはアンコールだろうな」と座席にどっしりと座ると、なんと一曲目だった! あちゃ、最初の10数分で目的を達成してしまった。

美嘉さんは白いドレス、彼女の両側は白い衣装の二人のクラシックバレエのダンス。美しかった。歌もバレエも観られてすごく得した気分(セコイ)。ライブはいいな。桜の花がすでに散って、ちょっと季節外れではありましたが。


「この後、知らない曲ばかりだったらどうしよう」と不安になりましたが、今回のコンサートツアーの彼女のシングルベストアルバムの発売に合わせたものだけに、彼女のヒット曲のオンパレード。いずれも、どこかで耳にした曲ばかりで十分に楽しめました。

演出はゴシック調のサーカスの雰囲気。全体を通して、二人の女性バレエダンサー、二人の女性サーカスアクター、一人の男性ブレイクダンサーが、歌を添えるような形でパフォーマンスを演じており、このクオリティーが高く目を奪われました。歌とダンスによるコラボレーションアートでした。

中島美嘉しっとりと聴かせる曲が多いので、JPOPのコンサートにありがちな最初から最後まで立ちっぱなしではなく、私のようなおじさんが座席に座ってじっくりと楽しめるのがよかった。時折、スタンディングのみのライブに出かけたりしますが、さすがに数時間立っているのは、私の歳になるとしんどいです。

観客も一曲が終わってすぐにガガッと拍手をしたりせず、曲の曲の間の沈黙、余韻を楽しむ余裕があり、大人のファンが多い印象。ただ、MCは私のような“一見さん”にはちょっと入りづらい雰囲気だったのが残念。まぁ、ここはファンとのコミュニケーションの場なんでしょう。

あと、彼女ってテレビで見ていると、「歌いながらゆらゆらと揺れて変な歌い方をするな」とずっと思っていたのですが、あれ、コンサートで遠くから眺めるとすごく美しく見えるのですよ。病弱薄幸系歌姫って感じです。

いい歌といいダンスパフォーマンスで、That’s the entertainment!な夜でありました。

中島美嘉公式サイト