感想/芝居『4BLOCKS』、変わらぬ諸星和己!

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ミュージカル『4BLOCKS』
昨日金曜、池袋のサンシャイン劇場で公演中のミュージカル『4BLOCKS』に出かけました。元光GENJIの諸星和己、DA PUMPのリーダー・ISSA、NHK「おかあさんといっしょ」の元歌のおねえさん・はいだしょうこ、元AKB48の川西智美、一癖ありそうなキャストの面々に誘われた次第。わかりやすいストーリーと派手な音楽で、金曜の夜をスカッとさせてくれるザ・エンターテインメントでした。

ストーリーはこんな感じ。売れっ子芸能事務所の経営者である父親のもとで、人気の絶頂を極めた四人兄弟によるアイドルグループ・4BLOCKS(フォーブロックス)。ある事件をきっかけにグループは解散。その後、四人はバラバラになって、今では日銭稼ぎでなんとか食いつないでいる。解散から15年が過ぎ、ある日、四人に女性の敏腕弁護士が現れ、父親が死亡したことを伝える。また、莫大な遺産の相続権があることも。遺産相続の権利は、四人兄弟で三つの課題をクリアすること。そして、15年ぶりに再び四人兄弟がグループを組むことになったが‥‥。

さて、感想です。

諸星和己が、光GENJI時代の天真爛漫なキャラクターのまんま、中年の元アイドルを演じていていい味を出してました。グループ解散と共にジャニーズ事務所から独立、孤軍奮闘してきた彼だけにハマり役だと思った。ジャニーズ系アイドルって、40歳を過ぎてから渋みが出て、みんないい男になるんものだな。体もしっかり鍛えているし、ダテじゃない。

また、川西智美の存在感が光ってました。ウザ可愛い(?)ぶりっ子女子をコミカルに演じてました。ダンスパフォーマンスもよかった。観る前は正直「脇役だろう」程度に思っていたのですが、さすが元AKB48の選抜メンバーだと感心しました。今後の活動に期待!


『4BLOCKS』 (フォーブロックス)/ネルケプランニング公式サイト

スポンサーリンク