別れにボズ・スキャッグス「We’re All Alone」

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ボズ・スキャッグスブログを読み返すと、数年に一度、仕事の多忙や思いがけなトラブルで、ブログをお休みしてます。5年前、2009年の秋にはこんなこと書いていました。

お別れにボズ・スキャッグス「Fade into light」(2009/11/12)

映画『大統領のクリスマスツリー』、映画自体の出来は今ひとつでした。けれど、銀行を辞めて気ままにピアノを弾いて暮らす男性主人公が、物語の最後に元上司の金融不祥事の後始末をするべく、スーツを来て会社に戻っていくシーンが印象的でした。

この映画の主題歌を歌ったボズ・スキャッグスに「We’re All Alone」(みんな一人ぼっち)という名曲があります。今や、メロウなジャズのスタンダードでもあります。


今夜はこの曲の歌詞の一節を、会社からの帰り道、口ずさんでいました。

Once a story’s told
It can’t help but grow old
Roses do, lovers too,
So cast your seasons to the wind
And hold me dear, oh, hold me dear

よく言われてきたことだけど、
年を取ることを止めることはできない。
バラだって、恋人達の心だって同じ。
そう、風向きに人生をまかせよう
そして僕を抱きしめてほしい。

18歳の頃からのこの曲を知ってたけれど、アダルト・コンテンポラリー・ミュージックってのは、中年になるとぐっと心に染みるものですね。

さて、夏いっぱい、ちょいとピアノから離れて“整理整頓”に出かけてまいります。風向きに人生をまかせる時も必要なのかも。

秋には帰ってこれるといいのだけど。

スポンサーリンク

コメント

  1. ku-ku より:

    はじめてコメントする者です。

    大学時代の恩師とうさぎさんの写真を拝見して以来、ブログにあそびに来ています。
    わたしは一世代↓ですが、パートナーがうさぎさんとおなじ年頃で…勝手ながら心境をリンクさせてしまったりしてます。

    わたしのように、うさぎさんのブログで元気もらってる者もいる!と知ってもらいたく、コメント残してみました(^_^)♪

  2. >ku-kuさま

    はじめまして。コメントありがとうございます。またお返事遅くなり、申し訳ありません。うさぎの山にこもっておりまして、ケータイの電波事情が悪く、ブログが更新できない状況でした。「元気をもらっている」とおっしゃっていただけると、とてもありがたいです。今後とも、よろしくお願いします。