バッハが難しい

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ピアノのテクニック
 指をほぐす練習その1
 第56・57番
スケールとアルペジオ
 八長調とイ短調
ツェルニー30番
 第26番 ト短調
バッハ
 シンフォニア
 第3番 ニ長調
ハイドン
 ソナタ Hob.16-27 ト長調

今日は、一曲ずつ丁寧に練習。

シンフォニアのニ長調、中声部の進行がスムーズにいかない。特にこの曲の場合、スタッカートを多用したアーティキュレーションなので、左手と右手の引き継ぎが難しい。一見、スタッカートの方が容易だけど、実はレガート進行の方が得意かも。

スポンサーリンク