練習日誌- 放置していたショパンとラヴェルに復帰

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ショパン/練習曲 変ホ短調 op.10-6使用楽譜
ラヴェル/亡き王女のためのパヴァーヌ使用楽譜

夕方18時練習開始。

今年はアマコンもピティナコンペも早々に終わった。なので、しばらくコンペのために放置していた楽曲に戻る。今日はショパンのエチュードとラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」を練習した。

ショパンの練習曲 変ホ短調 op.10-6は、放置したことがよかったのだろうか、驚くほどスムーズに弾けるようになっている。アーティキュレーションの課題があるが、これはいろんなピアニストの演奏を聴いてみよう。ちょっと激しいのをやりたくなり、op.10-12「革命」の譜読みを始めた。この曲、一般的に左手の練習曲といわれているが、実は右手の方が難しいのでは、ガバっとオクターブをつかんで、叩かずにメロディーを歌うのは至難だ。

「亡き王女のためのパヴァーヌ」は右手だけ、ゆっくりと譜読み&さらい。年末の発表会で弾きたい楽曲だ。


硬質色鉛筆硬質色鉛筆7700 12色セット K770012C
メーカー/三菱鉛筆

アナリーゼにおすすめ。細くくっきりとした描線が得られるので、グラフや図面の書き込みに適しています。中学生の頃から楽譜への書き込みにつかっています。詳細はこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク