アマチュアのステージは「うたかたの夢」

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

満員の鉄道駅
コンクール本番の翌朝、駅のホームで通勤電車を待ちながらいつも思うこと。

それは、よい結果であっても悪い結果であっても、何だかステージは「うたかたの夢」だなぁ、と。

アマチュアにとって、翌朝そこに必ず「日常」が あることは寂しいことでもあり、救いでもあり 、って気がします。

スポンサーリンク