「金麦の夏」に生意気OLは望みません

シェアする

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

金麦の夏 2014年
いぇい! 「金麦の夏」が今年もやってきましたよん。

金麦 夏のスペシャルサイト

今年の金麦妻の浴衣はちょっとシックかな。うーむ、金麦妻も7年目なので、30代の頃に比べると「熟女感」が否めない、この夏の壁紙でございます。

しかし、CMの方は相変わらず元気いっぱいで、仕事疲れを吹き飛ばしてくれる可愛さです。金麦妻、カワユス。


ところでこのCMのロケ地、うちの銀麦妻の実家近くのビーチにめちゃ似ているんだよな。山陰地方の超マイナーな海水浴場なんですが、昭和の夏の風情がまんま残る海辺の町なのです。

海水浴場
金麦妻の夏たるもの、小洒落たリゾートビーチよりも、やっぱりひなびた海水浴場でなきゃ。

ところで!

だいたい、私は金麦のコマーシャルフィルムは檀れいちゃんだけでよいと思っているのですが、昨今、戸田恵梨香バージョン(糖質75%オフ)やら、北川景子バージョン(クリアラベル)が現れて、どうしたものかと思っています。

戸田恵梨香バージョンはともかく、北川景子バージョンは、どうも私のような中年おじさんが、まゆをひそめるクリエイティブであります。


北川景子が「やってられない!」って言いながらオフィスを出て行くわけですが、おじさんサラリーマンからすると「なんだ!その態度は!」と思わず会議室に呼び戻して、一言二言、お小言を言いたくなるシチュエーションであります。

思うに、これはなぜか女性をいらつかせる金麦妻の逆張りですね。世のおじさんサラリーマンを挑発する金麦OLを北川景子が演じることで、若年女性に購買層を広げようという魂胆なのでしょう。

しかし!

ならば別のブランドにすればよいのでは? 金麦は檀れいちゃん演じる金麦妻があってのもの。おじさんのネバーランド=金麦妻ワールドに、生意気な小娘を連れてこないでほしいというのが、長年のファンの偽らざる心境であります。

ちなみに「金麦の夏」シリーズでは、私は昨年の麦わら帽子&ワンピースが一番好き。

金麦の夏