ちょっぴり気持ちの余裕ができたかな

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

演劇『飛龍伝』
先週と今週、二本、お芝居を観た。

『TRUE WEST~本物の西部~』(世田谷パブリックシアター)
『飛龍伝21 ~殺戮の秋』(青山劇場)

感想は明日、明後日、ブログに書きたいと思う。

実は、今年に入って気持ちに余裕がなかった。原因は、前期、仕事で成果がでなかったこと。2012年度、特に下期は大敗を喫した。幹部としての中途入社なので結果が命。今年2月のアマコンの入賞者演奏会を終えてから、ピアノにかける時間(正確には「頭のメモリ占有率」)を大幅に減らした。それ以来、人前でピアノを弾いていない。夏のコンクール参加もあきらめた。グランドピアノに触れたのも今年は4回ほどだ。4月からは、頭をほぼ仕事中心のシングルタスクに切り替えた。

昨日、上期(4~10月)の決算速報が出た。私の部門の達成率は売上総利益が予算比116%、営業利益予算比99%。まずまずの結果だ。

ただ、悔しいのは営業利益が予算に1%足りなかったこと。正直、1%なんてどうにでもできたはず。懐かしのアニメ『ゼンダマン』の「おしいおしいおしいおしいなー、もうちょとー♪」だ。

だが、達成率99%と100%の間には深い深い溝がある。この1%の差で部門スタッフの冬の賞与額が変わる。この1%を詰められるかどうかが、マネジメント能力だろうなと反省。みんな、よくやってくれたし。

いずれにせよ、少し心の余裕ができた。徐々にピアノの練習時間を増やしたり、お芝居に出かけたりし始めている。

「春から初夏にかけては余裕がなかったな」としみじみ思う。

スポンサーリンク